今日嘉定のヤスデまで(へ)1の野生の小川を探して餌を試みて、陳宝路の西側にいる1本の新馬路の上西は幾百のメートルに行って、1の小さい池があって、北岸にいくつか水の落花生があって、稲田のあふれ出る水正を灌漑してこのところに流れて、状況を見るのは無人の養殖の野生の水たまりで、ここで2時間釣ることを試みて、口を食べて更に交換して場を釣りますもしないならば.
太陽は先ほど地平線を上がりだして、温度はすでに直線的に上昇して、この時また少しの風、及び蒸し暑いことに見えて、サンバイザーを身に付けたくて、漁具を何度もめくって包んですべて探し出せないことができて、持ったことを忘れます。急いで日傘を遮ることを支え始めて、初めて上がる太陽の紫外線はやはりすごいです。1包みのフナの魚のファースト・フードをつけて、1:1.1の割合に水によって餌を引き延ばして、いくつの分の後で指を合わせて、状態は悪くなくて、引き出す餌の団の大きさは平均して、先に大きい餌をこすって巣をして兼ねて底を探します。いくつの竿の後で1.2メートルぐらいに水深を測り出します。フナの魚のファースト・フードのが魚性を誘うのは悪くなくて、やっと10数(何)竿のブイの側でわずかに小さく浸すことが現れて、餌を引き延ばしますで釣ることを試みて、しかしブイは作用の揺れる表示する像が現れて、おかしいと思って、まさかかぎの大きい魚は食べて入ることができませんか?しかしかぎは万能な袖が2日(号)に小さくかぎ針で編むので、たとえある寒い冬季ですとしても、小さいフナの魚はやはり口の中に食べてしまうことができて、ちょうど生まれる小さいフナの芽は或いはその後の沖積した土砂がまさかあまりに柔らかいのではあるまい、釣り餌は落ちって入っていって魚見えませんか?少し減らして1時(点)の鉛の皮そしての下で1目的の距離を引き延ばして、かぎは底を離れるので、再び新しい餌を引き延ばして水に入って、ついにはっきりしていて緩慢な沈下が現れて、しかしこの時私満面汗、ティッシュで顔を拭いて、すぐ上へ提げますと、まだ1歩遅くなって、かぎ針で編むのはすっからかんです。すべてこの高温で、36℃あると言うことを予報して、私は絶対に38℃を上回ることを見ます。1本の塩入りのソーダ水は急速に底をうって、餌が推測するのさえ急速に水に帰って、やっと1時間、餌はすでに粘る糊糊のだと推測して、その後はいくつか水が流れ出して、水に帰るのはあまりに深刻で、まったく引き出せないで、直して引き延ばしてこすりますになるほかありません。ブイは半分目的の下でちょっと止まることがあって、上げますと、必死の頑張りの力度があって、1の小さいフナの芽に掛かって私の判断を実証して、この小さいフナの芽が小指だけあるのは長くて、でも色はなんととてもきれいで、黄金色のうろこはきらきらと光って、放生します。もとはここは赤ん坊の部屋で、幼稚園さえ及ばないで、このところで張り合いがなくて、西へ直行します.
前の交差点に着いて、東南の方向に1水たまりがあって、水色は及び濁って、少数で状況の魚を見て、1人の年を取った農民に価格を尋ねて、言うのは15元一日で、かつてある人は6斤の多いアオウオを釣り上げて、私は価格性能比が悪くないことを見て、支配人まで(へ)聞きますと、結局20元を要して、今すでに昼ごろ11時で、20元が更に必要で、彼にもし朝いくら来るならばを聞きますか?30元を要して、その上中はフナの魚を主として、どれだけの大きさは私は聞いていないで、年を取った農民の話の違いまであまりに遠くて、可能性は私をいじめて新しく来たので、だましてだますことができて、私はだまされることはでき(ありえ)ないので、まして水面の上ですべて小さな魚がパトロールしているので、蒸し暑いです原因の傾向があります.釣っても良い収穫があることはでき(ありえ)ません.すぐ転換して陳広の道中の廃止しますとの散ることまで(へ)小川を養います。
  この小川は群れをなすフナの魚がないが、しかし多い略式伝票があって、少なくとも半日のを過ぎて習慣性を釣ることができて、フナの魚のファースト・フードは少なく水を少し加えて、1:1の割合、わりに良い餌の団をも引き出すことができて、1時間も柔らかい糊糊のになることがないことができて、最後にそれを投げて釣りますに巣をするほかなくて、今向こう岸は1位来てマキガイのをすくい取って、彼は面と向かって絶えず水の音を出して、私が当然ですに対して影響があって、幸いにも彼はだんだん遠く去って、私は開湖の倉庫の超能力のフナを継続して、この餌の香りは長い間続いて、力を誘惑するのもとても良くて、釣り餌は水に入ってとたくさんの略式伝票のに食を奪い取るように引き起こして、ブイはおりちょっと止まる多いですに比べてあげて、釣り上げることができるのは取るに足らないいくつの匹だけあって、多数があげたのになった後に中断は釣り上げて、午前のそのような小さいフナの芽のようですいくつの条がもいて、釣りながら、放して、とぎれとぎれに6条が釣り上げられることがあって、良い成績(この小川の期待についてあまりに高くなることができないことに値します、ひっかかるフナの魚があるのが勝利です)がありますと言えます。
  午後の温度の更にひどい午前、午後3時あとで、太陽は次第に西によって、温度も昼ごろより少し低くて、小川の顔は34(3,4)級の的風が起きて、略式伝票のがかぎをかむのはますます気が狂っていて、一回のブイの下でちょっと止まって、持ちますと、また水を出せないで、水の中で横はいくつの秒を歩いて、上がってくる一大の略式伝票、十分に1両あって、とても喜ばしくて、また釣り上げて口を上げますと、大きい略式伝票のほぼ同じ寸法と。今までのところ最大を釣り上げて口を上げるので、終わったことを待った後に放生します。どうして放生しますか?以前1人の地元以外の人に来て、彼もよく魚を釣って、彼は彼はここで小川が数(何)百匹の小さいアオウオを下に置いてと口を上げると言って、来年春節待った後に正式にこの小川を請け負って、私にアオウオを釣り上げてと小さく口を上げて放して落ちさせます、このようなのは当然に承諾することを求めて、私は元来魚である気がなくて、ただ娯のためだけ。午後6時は多くて、釣り餌も終わりますで、魚を上げてかばって、10数(何)枚の略式伝票を共有して、写真を撮る記念、すべて放生します。
総括:1.その小野の水たまりはなにが釣ったことがないで、陳広の道中の小川は春節以降にも行くことができなくて、あの支配人は人の値段を付ける様子が私をとても気分が悪くならせることを見て、もしあの水たまりのフナの魚の密度を越えないのは大きいならば、早朝でき(ありえ)ないで損をします.天気の涼しくなったもう1度言うことを待ちます.
このテーマは関連していてピクチャー次の通りです:

営業 求人
事務 求人
経理 求人
神奈川 求人
千葉 求人
仙台 求人
埼玉 求人
名古屋 愛知 求人
CCNA
CCNA
転職サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。